行政処分について

猫03
自動車運転関係の行政処分の種類は多くあります。たとえば運転代行業者

に対しての処分もありますし、タクシー業者に対する行政の処分などもあ

ります。ただし、これらの処分についてはそう頻繁にあるものでもなく、

まったくない月がある都道府県もあります。

大抵の場合、その業務としてつまり商売として自動車運転関係のことをし

ているところに対して、何らかの違法行為を行った場合にはその関連する法

律に基づいて処分を行うというのが趣旨になります。

特に一時期話題になったのが白タク行為で、介護保険の訪問介護事業所で

の白タク行為が問題とされた事案があります。これはいわゆる白ナンバーつ

まり自家用の自動車で、病院への送迎行為を行ってその運賃をもらったりし

ていた事例です。運転の代価として金銭を受け取る場合にはナンバープレート

を営業用に変える必要がありますが、その許可を受けないままで運賃をもらう

行為をしていた慣例がありました。なお、現在ではそういった行為は駄目だ

という認識がどこの事業所でもあるので、問題は沈静化しています。

自動車関連は関係法令も多くあり、見落としがちになる業者もいることから、
関係法令の順守が業者などには強く求められるところです。

コメントは受け付けていません。