運転者の責任範囲と損害賠償

クルマを運転するときについてくるのが、事故です。これは、現在の社会

において最も遭遇する確率が高いものです。事故を起こしたときには、

被害者は加害者に対して損害賠償を求めることができます。事故でうけた

怪我を病院で治療をしたときの治療費や慰謝料や過失利益といった項目

が含まれています。

自動車を運転するときには、自賠責保険に加入することが責任として義務

付けられています。これに加入をしていないと、車を運転することができ

ません。補償の内容は、損害の場合、死亡の場合、後遺障害による損害と

いったないように分かれています。それぞれ、補償される最高金額が決ま

っているので、運転をするときには確認をしてきましょう。これとは別に

、任意保険といったものもあります。これは、任意で加入することができる

保険で、自賠責よりも補償が手厚くなっています。

また、事故を起こしたときには被害者が家族の場合には保険金がおりないこ

とになるので注意をしましょう。物損の場合も、家族の所有物のときには

保険金がおりません。自動車を運転するときには、保険によってどの程度が

補償されるかを内容確認しておくことが重要です。また、どこまでが保険を

受けることが出来るかも同時に確認しましょう。